【コロナ対策】免疫力を本気で上げる方法3つ紹介!トレーナー解説

ウイルス対策 画像
塾長
コロナウイルスが流行っていますが、今日は免疫をあげる方法をご紹介します!

 

コロナウイルスに限らず、私たちの体はウイルスに負けないように常に強い体を作ることで、風邪やインフルエンザなどにも対抗できるようになります。

 

今回は、コロナウイルスはもちろんのこと「よく風邪を引きやすい」などといった方にもお役に立つ情報なのでぜひ最後までご覧ください。

 

免疫をあげる方法①よく寝る

まず大切なのは睡眠。

睡眠が短くなると感染症にかかる確率が上がることがわかっています。

 

塾長
頑張り屋さんなどで睡眠を削る人なんかはよく体調を壊します。頑張るためにもしっかり寝てパフォーマンスを整えた方が効率的な場合もあります。

 

一般的には、7〜8時間睡眠くらいが理想とされています。

睡眠時間が長ければ長いほどいいという訳でもないですし、疲れは寝溜めでは取れないとも言われているため、毎日しっかりと睡眠時間を確保するようにしましょう。

 

免疫をあげる方法②運動の習慣をもつ

定期的な運動は、免疫力を高めるとされています。

具体的には、週に150分くらいの運動が一つの目安となっています。

 

塾長
1回30分の運動の場合では、週5の運動が必要ということですね!

 

注意しなければならないのは、ハードすぎる運動は逆に一時的に免疫力を下げてしまうということです。

ですので「風邪を引きたくない」「感染症になりたくない!」という場合には適度の運動をするようにするのも一つの手です。

 

免疫をあげる方法③タンパク質をしっかり摂る

細菌やウイルスに対抗するための抗体やインターフェロンは主にタンパク質から作られます。

つまり、ウイルスや細菌をやっつけるためにはタンパク質をしっかり摂取する必要があります。

 

塾長
タンパク質は毎食意識的に摂取したいところです。

 

1日あたりのタンパク質摂取量の目安は体重×1g(60kgなら60g)です。

注意が必要なのは、その時の状態によって必要量が大きくなるということです。

 

疲れている時や運動している時などは必要量が多くなるので、体重×2g前後摂取してもいいでしょう。

腎臓に問題がある方は、取りすぎないようにします。

 

コロナやインフル対策として手洗いをしっかりしましょう!

最後になりますが、もう一つ大切なのは手洗いです。

風邪もそうですが、もっともエビデンス的にウイルス予防に効果的なのは手洗いです。

 

塾長
外出して帰ってきた時や人混みにいった時は必ず手洗いするように心がけましょう。

 

手を洗う時は、しっかりと薬用ハンドソープで丁寧に手首まで洗うようにしましょう。

除菌スプレーやシートは今コロナの影響でなかなか手に入らない状況ですので、より手洗いが重要になっています。

 

ぜひ、強い体をキープしてコロナやインフルエンザや風邪に負けないように頑張りましょう!

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

 

⬇︎厚生労働省のQ&Aも参考にしてみてください!

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

引用:厚生労働省「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です