プロテインチップスは減量中におすすめ!激ウマ3種の比較レビューまとめ

ダイエットや減量中にお菓子を食べたくなる方、あるいは空腹が辛い方におすすめのプロテインチップス。
 
プロテインチップスとは、その名の通りタンパク質が豊富&低カロリーを実現した減量中やダイエット中に食べることができるお菓子になります。
 
そもそもダイエットや減量をどうしたらいいのかわからない人はこちら
 
「プロテインチップスなんで美味しくなさそう…」
そう思った方の期待をいい意味で裏切るような美味しいおすすめのプロテインチップスをご紹介します。
 

プロテインチップスのすすめ

ダイエットや減量のキーになるのは「たんぱく質」。
たんぱく質がなんとなくいいとわかっていても、実際にたんぱく質を摂取できていないという人も多いのではないでしょうか?
 
[box class=”pink_box” title=”減量やダイエットにたんぱく質が必要な理由”] ①食欲を抑制する
②健康に必要な筋肉を残して脂肪を落としやすくする
③食事誘発性熱産生が多くなる(食べたうち燃えやすくなる)[/box]  
反対にたんぱく質を摂取できていないと、食欲が湧いてきて我慢ができなくなったりイライラしたり、結局食べてしまってリバウンドしてやる気がなくなったり…
 
要するに、ダイエットや減量にプロテイン=たんぱく質は欠かせないということです。
 
さて、そんな重要なたんぱく質を摂取しつつお菓子を食べられたらなあ〜なんて思いませんか?
実はそんなあなたにおすすめの商品があります。
 
それが「プロテインチップス」です。
 
[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”katagirisho.jpg” name=”かたぎり”]プロテインチップスは、チップス系のお菓子でたんぱく質が含まれている商品です。それだけでなく低カロリーなのがポイント![/speech_bubble]  
その中でも食べたことがあるものでおすすめを3種類ご紹介します。
 

海外製のおすすめプロテインチップス

プロテインチップス

クエストプロテインチップスのチェダー&サワークリーム味の原材料
タンパク質ブレンド(乳たんぱく質単離物、乳清たんぱく質単離物)、高オレイン酸ひまわり油、カゼインカルシウム、コーンスターチ、天然香料、オオバコ外皮、サワークリーム、タマネギパウダー、ニンニクパウダー、スパイス、塩、酵母エキス、炭酸カルシウム、ひまわりレシチン
 
【味の種類】
・バーベキュー味
・チェダー&サワークリーム味
・サワークリーム&オニオン味
・ナチョチーズ味(食べたことなし)
・ランチドレッシング味(食べたことなし)
 
【一袋あたりの値段(アマゾン参照)】
¥213~318円(味よって異なる)
 
【一袋あたりのたんぱく質量】
18~21g(味によって異なる)
 
【一袋あたりのカロリー】
130~140kcal
 
【食べた感想】
食べたのは3種類の味のみですが、どれも美味しいのでおすすめです。袋をあけた瞬間の香りが完全にチップス。
 
言われなければプロテインチップスとはわからず、誰が食べても普通の美味しいチップスで個人的にはプリングルスのような味付けだなと感じました。
食感は柔らかく、チップスではあるけどどこかちょっと独特なものです。本当に美味しいので食べ過ぎ注意です。すぐ一袋なくなります!
 
お菓子を普段食べない自分にはちょっとしょっぱい感じもしました。
 
 

大豆のおすすめプロテインチップス

大豆チップス写真

大豆チップスのり塩味の原材料
大豆、野菜パウダー、のり、塩、鶏肉エキス、デキストリン、酸味料
 
【味の種類】
・のり塩
・コンソメ(食べたことなし)
・梅
・キムチ
・メイプルスイート(食べたことなし)
 
【一袋あたりの値段(楽天参照)】
¥145~199+送料別(味によって異なる)
 
【一袋あたりのたんぱく質量】
19~21g前後
 
【一袋あたりのカロリー】
180~190kcal前後
 
【食べた感想】
食感が硬めの大豆プロテインチップスです。歯ごたえがあるので一袋を食べるのがとても満足感があります。歯ごたえといっても、本当にしっかりした歯ごたえで下手したら歯茎が切れるんじゃないかレベル。
 
キムチ、のり塩味、梅味を食べましたがとても美味しくプロテインチップス感は少なめ。大豆の感じもほとんどしないのでも大豆嫌いな人にもおすすめできます。
個人的に気になった点は、クエストのプロテインチップスと同様に味がしょっぱめです。
 
 

オーガニックのおすすめプロテインチップス


補オーガニックビーンチップスの原材料
有機緑豆、塩
 
【味の種類】
有機緑豆チップス
 
【一袋あたりの値段(アマゾン参照)】
¥260円(アマゾン参照)
 
【一袋あたりのたんぱく質量】
13.6g
 
【一袋あたりのカロリー】
185kcal
 
【食べた感想】
食べた一言目の感想は「とても優しい味」です。個人的に一番おすすめのプロテインチップスになります。おすすめのポイントは何と言っても原材料の少なさ。有機緑豆と塩だけというシンプルな味付けが体にそんなに悪影響がなさそうなので、定期的に食べても安心感があります。
そして、他の二つの方がチップス系に近くて美味しい部分もあるのですが、ちょっとしょっぱいです。お菓子に食べ慣れていないというのもあるのですが、一袋食べ終わる頃には舌がヒリヒリしています。
 
反対にこの有機緑豆チップスは味自体は素朴ですが、その優しい味ゆえについつい食べてしまうのがまた美味しさでもあります。
食物繊維も豊富なのが魅力ですが、上記の二つのプロテインチップスに比べてたんぱく質量は少な目です。
有機緑豆プロテインチップスの画像
 
 

おすすめのプロテインチップス&比較

クエストプロテインチップス 大豆チップス 有機緑豆チップス
値段 ¥213~318(Amazon) ¥145~199(楽天) ¥260(Amazon)
たんぱく質量 18~21g 19~21g 13.6g
カロリー 130~140kcal 180~190kcal 185kcal
特徴 高タンパク低カロリー 安い 有機緑豆と塩のみ

 
プロテインチップスそれぞれ良し悪しがありまして、それぞれの特徴がわかりやすいように表にしてみました。
 

クエストプロテインチップスがおすすめな人

・高タンパク質&低カロリーがいい人
・いわゆるプリングルスのような味付けが好きな人
・しっかりとした味付けが好きな人
 

大豆チップスがおすすめな人

・大豆が好きな人
・食感がしっかりしていて食べ応えが欲しい人
・値段が安いのがいい人
 

有機緑豆チップスがおすすめな人

・健康志向の人
・有機食材が好きな人
・素朴で薄味が好きな人
 

プロテインチップスで減量を楽しもう

減量を楽しむ女性 画像
プロテインチップスみなさんご存知でしたでしょうか?
ダイエットや減量をする際に、こういった代替商品もあります。
 
コンテストに出る人でもこういったプロテインチップスを食べる人もいますので、ダイエットにも十分活用可能です。
私自身も何度か食べたことがありますが、減量中にはとても助かりますね。
 
⭐️プロテインチップスはとてもありがたい商品でおすすめですが、あくまでポテチなどのお菓子を食べるよりもいいという話です。基本は食事を整えることがダイエットです。どうしてもお菓子が食べたい時に活用する程度にしましょう!
 
 
プロテインチップスもおすすめですが、同じようなたんぱく質が含まれているダイエット中でも食べられるものが他にもあります。
 
⬇︎食べたら止まらない。でもダイエットの味方のプロテインウエハースとは…?

【手軽にタンパク質補給】マイプロテインのプロテインウエハースが美味しい!

2018.03.20
 
これでプロテインチップスおすすめの紹介以上になります。
最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。
 
[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”katagirisho.jpg” name=”かたぎり”]TwitterInstagramでも筋トレやダイエット情報を投稿しているので良かったらフォローしてくれると嬉しいです![/speech_bubble]