女性のダイエットは食事より運動が大事。健康的に痩せたいなら食べて動こう!

運動する女性の写真
[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”katagirisho.jpg” name=”かたぎり”]どうも、パーソナルトレーナーのかたぎり(katagirijukucho)です。[/speech_bubble]  
若い年齢の女性が特に気にしている「体型」。
スリムな体型は綺麗に可愛く服を着こなせるということで、若い女性ほどダイエットに強い関心を持っています。
 
肥満になると、生活習慣病や糖尿病などの病気リスクが増えるので痩せることはとてもいいのですが、健康的に痩せている女性がかなり少ないのではないかというようなことが考えられるので今回は主に「20代女性」に向けての記事になります。
 
✅精神的に安定しない
✅体重は減ったけど見た目が変わらない
✅食事制限してもいつもリバウンドする
✅運動習慣がない
 
これらに当てはまるという方は是非最後まで目を通してみてください!

 

若い女性に多い「隠れ肥満」とは?不健康?

隠れ肥満女性
若い女性に多い隠れ肥満とは一体なんでしょうか?
隠れ肥満とは、見た目がスリムで体重も標準以下なのに対して体脂肪率が30%を超えるような状態を指します。
女性の場合は23〜25%くらいが標準体脂肪率になります。
 
この隠れ肥満一体何が悪いのかというと、肥満なので病気になるリスクも高い上に見た目がスリムなので本人が気づきにくいというのが厄介なところです。
 
通常、肥満になれば体型的に大きくなるので、自分も他人から見てもわかりますし、だいたい体の悪いところは体表に表れることが多いので気づきます。
 
しかしこの隠れ肥満は、自分が細いうちは全く気づくことなく、周りの人からは細いと羨ましがられるので余計に気にすることなく進行し、やがて最悪は病気になってから気づくということになりかねないということです。
[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”katagirisho.jpg” name=”かたぎり”]実際に肌感ですが、細い女性で運動習慣の無い人はだいたい体脂肪率が30%前後です。まずは体組成計で測定を勧めます。[/speech_bubble]  

20代女性の肥満率は圧倒的に少ない。ダイエットの前に知ること

「私太っているよ〜」というように、私たち人間は自分の体型に満足することはありません。
特に20代の女性は体型が気になるのは仕方の無いことです。
 
もちろん大半の方はスリムになりたいはずですし、そのほうが見た目も健康状態も普通はいいのです。
実際に20代女性にどれくらい肥満の方がいるのかご存知でしょうか?
 
厚生労働省の国民健康・栄養調査に(平成29年)よると、20代女性の肥満率は男女全年齢の中で最も低く5.7%となっています。
それに対して20代男性は26.8%とおよそ5倍で4人に1人が肥満(BMI25以上)という調査結果があります。

肥満率のグラフ

引用:https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177189_00001.html

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”katagirisho.jpg” name=”かたぎり”]色々気になるところはあるけど、20代女性が圧倒的に肥満が少なくなっています。ですがこれはあくまでBMI値ですので、身長に対する体重が肥満ということです。[/speech_bubble]  
[box class=”pink_box” title=”BMIとは?”] BMI=ボディ・マス・インデックス(体格指数)
体重÷身長(m)÷身長
例)75÷1.7÷1.7=25.95…..
[/box]  
ちなみに上記の例は自分です。自分は標準より体脂肪率は低めですが、筋肉量が一般の方より多めですのでBMIでは肥満判定になります。
アメフト選手やラグビー選手は大体の人がBMIでは肥満に判定されるということです。よって、男性は肥満が増えるのが納得です。
 
また、反対に20代女性の人の痩せに属する人の割合は21.7%ということで、これは5人に一人が痩せに判定されているということです。昭和に比べてその割合は平成は増えている傾向です。(ここ10年くらいは上がったり下がったり)
 
そのような調査結果からも、20代女性がいかに「細くなりたい」という願望が強いかがわかるかと思います。
 

20代女性は運動習慣が圧倒的に少ない

20代女性には肥満が少なく、そして痩せが多いということをお伝えしましたが、これだけではシンプルにスリムでいい傾向なのではないかと思われます。
 
しかし、もう一つの調査結果がそうでは無いことを表しています。
厚生労働省の運動習慣の調査グラフ
これを見てもらえるとわかるように、男女別全年齢で20代女性の運動習慣が最も低いということが調査によってわかっています。
これはどういうことかというと、20代女性において痩せ型の肥満が大半だという可能性が非常に高いということです。
 
ではその理由を簡単に説明させて頂きます。
 
まず、その要因としては20代の女性の9割ほどが運動習慣が無いということ。
上記のグラフでは20代女性の11.6%が「運動習慣がある」と答えています。つまりそれ以外の88.4%の人は定期的な運動習慣が無いということを表します。
※ここでいう運動習慣とは、1回30分の運動を週に2回以上、それを1年以上継続している人を指します。
[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”katagirisho.jpg” name=”かたぎり”]ちなみにこの運動習慣の量は仕事や普段の生活にもよりますが、デスクワークや動かない仕事がメインの人である場合全然足りないというデータもあるので注意![/speech_bubble]  
そしてもう一つの要因がBMIの痩せが20代女性に多く、肥満が少ないこと。
運動習慣が無い人が痩せるということは、低エネルギー状態が長く続いている上に、動く習慣がないということを指します。
この状態で考えられるリスクは精神の不安定、うつ、生理周期の乱れ、過食、拒食、病気リスクの上昇など多岐に渡ります。
 
これらのリスクを表したのがまさに「隠れ肥満」ということです。
 

20代女性に足りないのはダイエットの前に栄養と運動量

運動する女性の写真
隠れ肥満かどうかまずは体組成計で測定するのがオススメです。
個人的にオススメなのはInBodyというメーカーです。
アプリとも連携していて、自動的にグラフ化してくれるだけでなく、測定が簡単で多くのフィットネスクラブやかたぎり塾でも学芸大学店に導入しています。

 
隠れ肥満かどうかわからないけど、運動習慣が特に無いという人やゴロゴロが好きな人はとにかく運動習慣を身につけることが大事です。

【実は簡単?】ダイエットを食事制限なしで成功するポイントまとめ

2018.11.21
 
運動習慣でもオススメは筋トレです。
筋トレは若返りホルモンとも言われる成長ホルモンを分泌したり、ヒップアップやくびれなど体のラインを綺麗にすることが可能ですので、今の持っている体をより綺麗にみせたい人や服を着こなしたい人には大人気。
最近はモデルやアイドル、女優など美を意識する人はもちろん、インスタグラマーの人なども鍛えていますね!

【フィットネス女子20選】インスタグラムを紹介。食事や筋トレは?

2018.09.03
 
自宅で簡単にできる筋トレなどもいくつかブログに掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

【自宅で簡単】初心者向けの脚トレーニング6選!

2018.10.01
 
[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”katagirisho.jpg” name=”かたぎり”]運動習慣は簡単に身につくものではありませんが、一度身につけは一生物のライフスタイルになります。まずは1年できるような簡単なものを見つけましょう。[/speech_bubble]  
運動習慣だけでは隠れ肥満に不十分で、もう一つは栄養素をしっかりとるということ。
20代女性の隠れ肥満のもう一つの原因は栄養不足。
 
栄養不足には量と質があります。
量とはシンプルに食事制限などをしている場合で、質とは栄養素の少ないカロリーだけがあるものを食べている場合です。
どちらも健康上よく無いのですが、スリムでいながら健康的になるのに一番大事なのは、タンパク質です。
 
タンパク質の語源はギリシャ語で「最も重要なもの」という意味があります。
肌や髪や筋肉など体を構成する栄養素であり、酵素やメンタルに影響するホルモンの材料になる大事なものです。
[box class=”pink_box” title=”オススメのタンパク質”] ・卵(1日2個以上食べたい完全栄養食)
・肉類(鶏肉が低カロリー)
・魚(EPAやDHAなど良質な脂質)
・乳製品(牛乳、ヨーグルトがオススメ)
・豆類(納豆、豆腐、枝豆などがオススメ)
[/box]  
タンパク質の摂取目安は体重×1.5g〜です。
例)体重50kg⇨1日に75g以上
[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”katagirisho.jpg” name=”かたぎり”]プロテインはタンパク質という意味の英語だね。この量のタンパク質を食事で摂取するのが難しかったり、手軽に摂取したいならプロテインを買うのもかなりオススメです。[/speech_bubble]

【保存版】プロテイン(タンパク質)の効果とは?何を買えばいいの?

2018.01.08
 
他にも大事な栄養素は沢山ありますが、野菜や果物を食べてタンパク質を摂取してほどほどの脂質と炭水化物を摂取していれば十分です。
タンパク質は食欲を抑えたり、体調にも好影響を与えるのでとにかく意識的に摂取していきましょう。
 

最後に20代女性に一言いうなら運動しよう

ちょっと話がズレますが、女性がダイエットをする上で大事な考えとして必要だと感じるのは「自分の体をまずは愛した上で把握する」ということだと思います。
「私太っていて」という相談をくる女性の大半は、太っていない場合があります。
つまりどういうことかというと、客観視されている以上に自分を太っていると誤認識しているということです。
 
それでは、太っていないのにより食べないうようにする⇨低栄養状態になる⇨痩せ型の肥満に近づく
 
というような悪循環になりかねません。
食べ過ぎはよくありませんが、栄養が不足したり、運動しなかったりするのは同様によくありません。
必要な栄養素をしっかり摂取し、適度に運動をすることでスリムで健康的で綺麗なラインの体を手にした上で、自分をより好きになって、可愛い服をきたり美味しいものを食べに行くのはもっともっと人生を豊かにするのではないでしょうか?
 
微力ではありますが、今後もかたぎり塾は多くの方が気軽に通えるようなコスパ最強のパーソナルジムとして拡大したいなと思います💪応援よろしくお願いします。
 
✅「運動や食事が大事なのはわかっているけど何したらいいのかわからない」
✅「もっと効率的に効果をだす方法が知りたい」
✅「プロにマンツーマンで指導してもらいたい」
 
という方は、是非コスパ最強のパーソナルジム 「かたぎり塾」にお越しくださいませ。

【目黒区一安い】武蔵小山・西小山パーソナルトレーニングジム 「かたぎり塾」

2018.06.26

【学芸大学】パーソナルトレーニングジム「かたぎり塾」|地域最安値

2019.02.12
 
[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”katagirisho.jpg” name=”かたぎり”]TwitterInstagramでも筋トレやダイエット情報を投稿しているので良かったらフォローしてくれると嬉しいです![/speech_bubble]  
最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。